「回復期から生活期までのリハビリテーションの効果に関する実態調査」について再度のご協力のお願い

2017年1月17日

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

日本リハビリテーション病院・施設協会では「回復期から生活期までのリハビリテーションの効果に関する実態調査」について当協会会員施設へアンケート調査を行い、提言をまとめることを企画し10月7日に協力依頼を送付させて頂いております。

つきましては、今回の調査が今後の生活期を含めたリハビリテーションの成果を考えるうえで貴重なデータになっていくことをご理解いただき、再度調査への協力について貴施設のご担当の先生にご指示ご高配いただければ幸甚です。

詳細については協会ホームページ上の「ご協力のお願い」(http://www.rehakyoh.jp/)をご参照ください。

現在までに頂戴したご質問に対する回答も併せて掲載しております。

ご多忙の中大変恐縮ですが何卒ご了承頂き、ご協力よろしくお願い申し上げます。

謹白

ご回答期限:平成29年2月20日(月)

調査方法:協会HP上での入力およびExcelファイルへの入力

 

アンケート調査へのよくあるご質問について

Q:生活期の追加調査が可能な場合のみ入力するのか。
A:対象期間中の回復期リハ病棟退棟患者については全員ご入力ください。そのうち生活期の追加調査が可能な場合については生活期の項目もご入力ください。
Q:生活期についての追加調査も回復期担当が行わなければならないのか。
A:回復期のご担当者様に、アンケート調査の取りまとめをお願いしております。生活期ご担当者様への調査の依頼等をお願いいたします。
Q:入力が困難な項目がある。
A:可能な範囲でご入力いただき、入力が困難な項目につきましては空白のままご提出ください。
Q:回復期リハ病棟退棟後の他施設への調査依頼は難しい。
A:他施設への調査依頼が難しい場合は同法人内の関連施設や、外来通院患者様のみの対象でも構いませんので可能な範囲での入力をお願いいたします。
  • JRAT
  • 会員専用ページ
  • 入会について
  • 生活行為向上リハビリテーション研修会開催
  • 認知症対応力向上研修会アンケート結果
  • 変更届用紙(PDF)
  • リンク集
  • 研究事業等
  • リハビリテーションマネジメントに関する新書式
  • リハビリテーション・サミット2015 宣言文
  • 日本リハビリテーション病院・施設協会シンボルマークについて

関連団体リンク

一般社団法人
日本リハビリテーション病院・施設協会
〒850-0854
長崎県長崎市銀屋町4番11号
一般社団法人是真会
長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077
FAX:095-811-2078
E-mail:info@rehakyoh.jp