会員様専用ページに『平成26年度定時総会議事録』を追加いたしました。

2014年9月16日

会員様専用ページに『平成26年度定時総会議事録』を追加いたしました。

なお、会員様専用ページをご覧いただくには別途お送りしております『ID』と『パスワード』が必要です。

会員様専用ページはこちら

厚労省より「介護報酬改定検証・研究調査」への再協力依頼につきまして

2014年8月28日

厚労省老健局より下記の文書を受理しております。
調査票が届いています会員様につきましては、再度ご協力の程、お願い致します。
「平成26年度 介護報酬改定検証・研究調査への協力依頼について」(再協力依頼)(PDF)

生活機能低下チェックリストご活用のお願い

2014年8月26日

一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
在宅支援対策委員会 副委員長 大井 清文

 平素より、当協会委員会活動へのご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

 さて、在宅支援リハビリテーション対策委員会では、一昨年度より、通所サービスや訪問サービスの分析を行いつつ、介護におけるリハサービスの拡充につき検討してきましたが、その中で「通所リハ」の普及が不十分であることが浮き彫りとなりました。このことを踏まえ、「通所リハ」の推進にあたり、今般本委員会では、在宅要介護者の様々な原因による「廃用」が引き起こす生活機能低下を早期に発見し、十分なリハを投下して機能回復を図ることを目的に、「生活機能低下チェックリスト」を作成しました。特に介護支援専門員の皆様に、リハへの意識を高めていただくためにご活用いただき、「通所リハ」の推進に繋げたいと考えております。

 生活機能低下チェックリストで得られたデータは、入力者自身が機能評価の経過を把握することに活用いただくと共に、当委員会において「生活機能低下チェックリストの効果に関する調査研究」に使用させていただきます。そして研究の成果は、当協会会員誌等でご報告いたします。

 以上の趣旨をご理解の上、「生活機能低下チェックリスト」のご活用を、どうぞ宜しくお願い致します。

 なお、当協会では本年度委員会の再編があり、本委員会は昨年度あった二つの委員会が合併し、在宅支援対策委員会となりました。従って、今後は在宅支援対策委員会が担当いたしますので、よろしくお願い致します。

現在、本チェックリストは利用に際し下記の制限がございます。
・1ログインユーザーに対し、1利用者のチェックリストしか入力できない。
  »改修し、複数の利用者を対象に入力可能なようにいたします。
    »»8/22改修済みです。
・共用メールアドレスを使用している場合、1ログインユーザーしか認証できない。
  »共用メールアドレスを使用している場合でも、複数ユーザーにて使用できるように検討しております。
    »»8/28改修済みです。

「生活機能低下チェックリスト」の活用目的

  • 生活機能低下を早期に発見する
  • 生活機能低下の改善もしくは防止する
  • 介護支援専門員のリハに対する意識を向上していただく

「生活機能チェックリスト」主な流れ

  • 下記リンクをクリックする。
    生活機能低下チェックリスト(外部サイト)
    ※運営を委託する「株式会社シードプランニング社」へ遷移します。
  • 個人情報取り扱い扱いについてお読みいただき、同意をお願いします。
  • 入力者情報の入力をお願いします。
  • ログイン画面のURLとパスワードが届きます。
  • ログイン画面から、ログインをお願いします。
  • 患者情報を入力ください。
  • チェックリストに回答ください。
  • 送信毎に確認メールが入力者に届きます。
    ※一定期間毎に入力者へCSVの形式で蓄積した一覧データを送信します。

生活機能低下チェックリスト登録方法はこちら(PDF)

個人情報の取り扱いについて

個別のデータは個人が特定されないよう番号管理とし、通信はSSLを使用します。各病院・施設において倫理委員会の開催が必要な場合は、その病院・施設で倫理委員会の了承を得てください。記録された情報については本研究でのみ利用し、当協会の外部に出すことはなく、閲覧は臨床現場のスタッフおよび研究関係者に限って行うこととします。研究成果がまとまり次第、データは破棄いたします。各入力者におかれましても、確認メール、およびCSVデータの管理において漏えいなきよう、十分にご注意ください。

生活機能低下チェックリスト(外部サイト)

厚労省より「介護報酬改定検証・研究調査」への協力依頼につきまして

2014年8月18日

厚労省老健局より下記の文書を受理しております。
調査票が届いています会員様につきましては、ご協力の程、お願い致します。
「平成26年度 介護報酬改定検証・研究調査への協力依頼について」(PDF)

平成25年度介護報酬改定検証・研究調査の結果につきまして

2014年8月 1日

会員各位
 
平成25年度介護報酬改定検証・研究調査の結果につきまして
 
標題につき、厚生労働省老健局より連絡がありましたので、ご報告いたします。
 
 
厚労省より連絡文書(PDF)
 
第104回社会保障審議会介護給付費分科会(平成26年7月23日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000051884.html

委員会活動報告を追加しました。

2014年5月26日

委員会活動の議事録『第1回 障害児・者のリハビリテーションあり方検討委員会議事録』を追加いたしました。

活動報告ページはこちら

リハビリテーション・ケア合同研究大会・長崎2014の公式サイトを公開しました。

2014年3月17日

リハビリテーション・ケア合同研究大会・長崎2014の公式サイトを公開しました。

公式サイトアドレス:http://www.c-linkage.co.jp/rc2014/

研修会WEB配信のご案内

2014年2月27日

平成25年度第2回研修会につきまして満席が予想されますので、対策としてWEB配信を行うことと致しました。

WEB配信の概要については「研修会WEB配信のご案内(PDF)」をご覧ください。

脊髄損傷患者に関するアンケート調査ご協力のお願い(期間延長)

2014年2月27日

謹啓 当協会の調査活動につきましては、いつも格別のご高配を頂き感謝申し上げます。

 このたび障害児・者における医療・リハビリテーション・在宅生活などの問題点を整理して新たなグランドデザインを作り、それをもって診療報酬改定や地域医療・リハの推進に活用したいと考えております。つきましてはまず脊髄損傷についての調査を実施いたします。

 貴法人、および病院・施設には、医療・介護・訪問部門など色々な機能施設をお持ちかもしれませんが、脊損治療にご経験のある出来るだけ多くの方にご意見を頂戴したいと思います。そのため貴法人内、および病院・施設内の各機能施設の部門長の方々に各々ご回答をお願いしております。

 ご多忙のところ恐れ入りますが、本調査の趣旨をご理解いただき、皆様のご協力を賜りますよう、ご高配の程、お願い申し上げます。結果は協会ホームページ、会員誌にてご報告いたします。

平成26年1月21日

日本リハビリテーション病院・施設協会
障害児・者リハビリテーション検討委員会
委員長  武居光雄
担当役員 山鹿眞紀夫
会長  栗原正紀

下記リンクよりアンケートフォームにお進みください。
回答期限:平成26年3月10日

脊髄損傷患者に関するアンケート(個人調査表)

平成25年度 第2回リハビリテーション研修会を開催します。

2014年2月 5日

平成26年3月8日(土) 10:30~16:20にて平成25年度 第2回リハビリテーション研修会「平成26年度診療報酬改定の骨子と地域包括ケア」を開催いたします。

詳しい内容と参加お申込みは研修会ページをご確認ください。

  • JRAT
  • 会員専用ページ
  • 入会について
  • 地域包括ケアの構築に向けた地域リハビリテーション活動-地域づくりに向けた取り組み例-報告書
  • 生活行為向上リハビリテーション研修会開催
  • 認知症対応力向上研修会アンケート結果
  • 変更届用紙(PDF)
  • リンク集
  • 研究事業等
  • リハビリテーションマネジメントに関する新書式
  • リハビリテーション・サミット2015 宣言文
  • 日本リハビリテーション病院・施設協会シンボルマークについて

関連団体リンク

一般社団法人
日本リハビリテーション病院・施設協会
〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町14
千代田寿ビル303
TEL:03-6260-8146
FAX:03-6260-8147
E-mail:info@rehakyoh.jp