事務長アンケートフォーム

ご記入は事務責任者(事務長)にお願いいたします。

記入者

必須お名前
必須役職
必須職種
必須メールアドレス

施設情報

必須病院・施設名
必須郵便番号
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村

A.事務職の人材開発(能力開発・育成)のあり方についておたずねします。

※病院責任者(病院長)にご確認の上、ご記入をお願いいたします。

問1.事務長は、どのように決めていますか。

問2.事務長に主としてどのような役割を期待されていますか。(○は3つまで)

問3.貴施設では以下の職種を対象とした人材開発に力を入れているとお考えですか

 
力を入れている
まあ力を入れている
どちらともいえない
あまり力を入れていない
力を入れていない
医師
看護師
セラピスト
その他コメディカル
事務職

問4.事務職の人材開発に関する下記の取り組みを行っていますか。

貴施設での、次のa~mの人材開発に関する項目について、事務職全体、及び将来の経営管理者層ごとに「実施している」ものにチェックをつけ、「最も力を入れている取り組み」については●をつけてください。

  事務職全体の
育成・底上げ
将来の
管理職層の育成
実施している
最も力を入れている取り組み
実施している
最も力を入れている取り組み
a.経営トップや事務長との意見交換会等の実施
b.院内での部署横断の意見交換等の実施
c.人事考課制度の導入
d.昇進・昇格の基準の職員への明示
e.目標管理制度の導入
f.ジョブ・ローテーション
g.レベルの高い仕事への配置
h.インセンティブ制度の導入
i.職員のスキル・データベースの構築
j.他院への出向・派遣
k.国内留学
l.海外留学
m.その他

問4で「ジョブ・ローテーション」または「レベルの高い仕事への配置」を実施しているに○と回答した方におたずねします。

どのような部署や仕事を経験させていますか。具体例をご記入ください。

問5.貴施設では、次のa~iの経営・管理・運営事務(業務)に関する項目について順調であるとお考えですか。

 
順調である
まあ順調である
どちらともいえない
あまり順調でない
順調ではない
a.財務管理
b.資金調達
c.事務職の採用
d.医療スタッフ(医師・看護師等)採用
e.職員の労務管理
f.事務職の人材開発
g.医療スタッフ(医師・看護師等)の人材開発
h.設備管理
i.情報システム管理

問6.貴施設における、事務職の人材開発に関する課題は何ですか。(○は3つまで)

問7.貴院のこれまでの取り組みの中で、事務職の人材開発に関する特徴的と思われる施策がございますか。あるとご回答いただいた方は、施策をご紹介ください。

問8.事務職の人材開発に関してお悩みのこと、他の病院の取り組み等で知りたいこと等がございましたらご自由にご記入ください。

以降ご記入は事務長(事務管理者)にお願いいたします。

B.事務長(事務管理者)についておたずねします。

問9.貴施設の事務長(事務管理者)(ご自身)の経歴についてご記入ください。

1)貴施設における勤続年数
年 内、事務職
2)貴施設における事務職以外の勤務がある場合は記載下さい
年(職種:
3)事務長(事務管理者)に就任してから現在までの年数
4)主な保有資格
5)事務長が貴施設においてこれまでに経験した事務業務
6)事務長の、他の施設・業種での勤務経験
(直近でお持ちのデータ、もしくは昨年度の実績でご記入ください)
  • 貴施設に着任する直前の勤務先は何でしたか。

C.事務職の人材開発の取組みについておたずねします。

(人材開発の取組みには、複数病院等を開設している法人においては、法人単位で 実施されている取組みを含むものとします)

問10.貴施設では、事務職を対象とした研修活動を実施していますか

問11.平成27年度に事務職を対象に下記の研修を実施しましたか。
実施した場合、その研修はどのような実施体制で行いましたか。
また、研修費用について病院からの補助はありましたか。

 
実施していない
実施している 病院から
の補助
院内 院外
あり
なし
OJT
人材開発部署&(専門職のみ)
人材開発部署(全職種共通)
公的教育研修機関
教育研修機関
大学

大学院

民間
専門学校

専修学校
法人や加入している団体

上位機関の教育機関
階級別の研修
a.新任者の入職前研修
b.新任者(初任者)研修
c.リーダークラスの研修
d.管理職研修
e.その他
領域別の研修
f.医事に関する研修
g.経理・財務に関する研修
h.人事・労務管理に関する研修
i.安全管理に関する研修
j.病院情報システムに関する研修
k.診療情報管理士に関する研修
l.経営戦略、経営分析に関する研修
m.その他

問12.研修の効果をどのように把握されていますか。

問13.研修の効果をどのように活用していますか。

問14.貴施設における、事務職の人材開発に関する課題は何ですか。(○は3つまで)

D.貴施設および組織の概要についておたずねします。

問15.貴施設の概要について記入してください。

1)事務長名(記入者と事務長が異なる場合はご記入下さい。)

 

2)貴施設におけるリハ部門の収益割合(※直近の会計年度のデータでお願いします)

※およその数字でご回答ください。

3)職員数(※把握されている直近のデータでお願いします)
医師 理学療法士
看護師 作業療法士
介護福祉士 言語聴覚士
薬剤師 その他
管理栄養士 事務職員
4)事務職員の平均年齢
5)事務職員の平均勤務年数
6)事務職員の離職率
%
7)事務の配置状況

※法人全体及び貴施設単独の事務業務全般の職員配置状況をお尋ねします。

  法人全体(直接雇用職員) 法人全体(派遣若しくは委託職員)
  内、
貴施設単独
  内、
貴施設単独派遣
内、
貴施設単独委託
医事
総務
経理
施設用度
人事労務
情報管理
経営企画
その他
合計

【7)の注釈】

  • 法人全体の欄では、貴施設の運営に直接関わらない職員も含めた法人全体での職員数をお尋ねしています。
  • 法人全体の中で貴施設の業務を専属に近い状態で担当している職員(給与計算や施設管理等)であっても、法人本部等の所属であって貴施設に直接所属していない場合は、貴施設単独欄への再記は不要です。
  • 全国組織等で組織全体の職員数の把握が難しい場合は、県単位等で人数が解る場合にのみ法人の欄に記載をお願いします。不明な場合は貴施設単独欄にのみご回答をお願いします。
  • 法人が運営する施設が会員施設(貴施設)ひとつの場合は、原則法人全体欄と貴施設単独欄に同じ数字をご記入下さい。
  • 但し、会員施設(貴施設)の付帯事業(通所事業、訪問事業等)であっても、同法人の会員外病院や介護老人保健施設等と同様に明らかに別の事業所職員として勤務している職員がいる場合は法人全体数と病院単独数を別々に記載して下さい。
  

「送信ボタン」を押していただくと確認画面が表示されます。
右クリック後「印刷」でプリントアウトし、回答内容をペーパーでも確認いただけます。

このアンケートに関するお問い合わせは事務局まで
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078

アンケートにご協力頂き誠に有難うございました。
今後、事務系職員の育成に対し積極的に取り組まれている施設の事務長様に対しては、
ヒアリング調査等もお願いできればと考えています。
ご迷惑をお掛けいたしますが、その際はご協力の程お願い申し上げます。

このページのトップへ戻る
  • JRAT
  • 会員専用ページ
  • 入会について
  • 生活行為向上リハビリテーション研修会開催
  • リハビリテーションサミット2016
  • 変更届用紙(PDF)
  • リンク集
  • 研究事業等
  • リハビリテーションマネジメントに関する新書式
  • リハビリテーション・サミット2015 宣言文
  • 日本リハビリテーション病院・施設協会シンボルマークについて

関連団体リンク

一般社団法人
日本リハビリテーション病院・施設協会
〒850-0854
長崎県長崎市銀屋町4番11号
一般社団法人是真会
長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077
FAX:095-811-2078
E-mail:info@rehakyoh.jp