過去の研修会

平成27年度研修会

日本リハビリテーション病院・施設協会 平成27年度 第2回リハビリテーション研修会

日時 平成28年3月12日(土) 10:30~16:30
会場 秋葉原コンベンションホール
(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビルTEL:03-5297-0230)
テーマ 平成28年度診療報酬改定の概要と経営戦略
プログラム
10:30~10:40 会長挨拶
10:40~12:10 特別講演1
「平成28年度診療報酬改定の概要について」

講師:厚労省保険局医療課課長補佐 井口 豪先生
座長:常務理事 梅津 祐一
12:10~13:10 休憩
13:10~14:40 特別講演2
「これからの社会保障制度改革の道筋-地域包括ケアの観点から-」(仮)

講師:慶應義塾大学商学部教授 権丈 善一先生
座長:常務理事 山鹿 眞紀夫
14:40~14:50 休憩
14:50~16:20 特別講演3
「これからのリハビリテーション病院・施設の運営・経営の考え方」

講師:兵庫県立大学大学院経営研究科教授 小山 秀夫先生
座長:副会長 斉藤 正身
16:20~16:30 閉会の挨拶
参加申込方法
  • 当協会ホームページの参加申込フォームよりお申込み下さい。
  • 申込受付確認のメールを返信いたします。
    (FAX申込の場合は、FAXで受付確認書をお送りします。)
  • 参加費は、下記口座に 12月4日までに事前にご入金をお願い致します。
    振込先
    十八銀行 本店営業部 普通 1064260
    一社)日本リハビリテーション病院・施設協会
    代表理事 栗原正紀
    シャ)ニホンリハビリテーションビョウイン・シセツキョウカイ
    振込の際、送金者名に受付確認メールの受付番号(12桁)、FAX申込の場合は受付確認書に記載された受付番号を先頭に記入し、病院・施設名をお書きください。
    振込手数料は恐れ入りますがご負担をお願い致します。
  • 研修会当日は、受付確認のメールのプリントアウト、もしくは受付確認書を受付にご提示ください。
    (ご提示につきまして、複数名でお申し込みいただき参加者それぞれに受付をする際は、コピーしてお持ちください。団体で受付する際は、代表の方1名のみのご提示で結構です。)
参加費 会員 10,000円 / 非会員 15,000円

日本リハビリテーション病院・施設協会 平成27年度 第1回リハビリテーション研修会

日時 平成27年12月12日(土) 10:00~15:40
会場 ベルサール半蔵門
(東京都千代田区麹町1-6-4住友不動産半蔵門駅前ビル2F)
テーマ 平成28年度診療報酬改定と地域医療・リハビリテーションの方向性
プログラム
10:00~10:05 会長挨拶
司会:研修委員会副委員長 伊藤 功
10:05~11:05 特別講演1
「地域包括ケアとこれからの医療」

講師:厚生労働省 保険局長 唐澤剛先生
座長:会長 栗原 正紀
11:15~12:15 特別講演2
「全国リハビリテーション医療関連団体協議会診療報酬部会からの提案について」(仮題)

講師:公益社団法人 日本リハビリテーション医学会理事長
全国リハビリテーション医療関連団体協議会
診療報酬委員会委員長 水間 正澄 先生
座長:常務理事 山鹿 眞紀夫
12:15~13:15 昼食休憩
13:15~14:15 特別講演3
「地域包括ケアにおける地域リハビリテーションの考え方の再考」(仮題)

講師:当協会名誉会長 浜村 明徳 先生
座長:常務理事 梅津 祐一
14:30~15:30 特別講演4
「地域医療構想の展開について」(仮題)

講師:厚生労働省医政局地域医療計画課長 迫井 正深 先生
座長:副会長 斉藤 正身
15:30~15:40 閉会の挨拶

内容は変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

参加申込方法
  • 当協会ホームページの参加申込フォームよりお申込み下さい。 参加申込フォームはこちらから FAXでのお申込みはこちら(PDF)
    別紙、参加申込書をFAXで送信いただいても結構です
    WEB 配信をご希望の方はこちら
  • 申込受付確認のメールを返信いたします。
    (FAX申込の場合は、FAXで受付確認書をお送りします。)
  • 参加費は、下記口座に 12月4日までに事前にご入金をお願い致します。
    振込先
    十八銀行 本店営業部 普通 1064260
    一社)日本リハビリテーション病院・施設協会
    代表理事 栗原正紀
    シャ)ニホンリハビリテーションビョウイン・シセツキョウカイ
    振込の際、送金者名に受付確認メールの受付番号(12桁)、FAX申込の場合は受付確認書に記載された受付番号を先頭に記入し、病院・施設名をお書きください。
    振込手数料は恐れ入りますがご負担をお願い致します。
  • 研修会当日は、受付確認のメールのプリントアウト、もしくは受付確認書を受付にご提示ください。
    (ご提示につきまして、複数名でお申し込みいただき参加者それぞれに受付をする際は、コピーしてお持ちください。団体で受付する際は、代表の方1名のみのご提示で結構です。)
参加費 会員 10,000円 / 非会員 15,000円

参加申込フォームはこちらから FAXでのお申込みはこちら(PDF)
別紙、参加申込書をFAXで送信いただいても結構です
WEB 配信をご希望の方はこちら

リハビリテーション・サミット2015

日時 平成27年11月3日(火・祝)
会場 帝京平成大学 冲永記念ホール(1,005席)
〒170-8445 東京都豊島区東池袋2-51-4
主催 全国リハビリテーション医療関連団体協議会
テーマ いきいきと暮らすためのリハビリテーション ~地域包括ケアを支えるために~
対象 リハビリテーション関連団体および関連職種(介護支援専門員、看護職、介護職等を含む)
趣旨 地域包括ケアシステム構想に対し、いかにリハビリテーションの立場で関わりを持つことが求められるのか、全国リハビリテーション医療関連団体協議会では、 平成26年度までに地域包括ケア推進リハ部会が中心となって検討を重ねた結果、「地域包括ケアを支えるリハビリテーション(概念)」と「リハビリテーショ ンが担えること(実践方法)」のマトリクス図を完成させ、協議会に参加する各団体では普及啓発に努めています。そこで更に広く国民あるいは関連する専門職 に対し、地域包括ケアを推進するためのリハビリテーションのあり方に関する普及啓発活動が必要となり、まず今年度は医療や介護に携わる専門職を対象とした 「リハビリテーション・サミット」を開催することになりました。
内容 講演およびシンポジウムを予定
参加費 5,000円
パンフレット リハビリテーション・サミット2015(PDF)

ソーシャルワーカー・ケアマネジャー等対象研修会

日時 平成27年4月25日(土) (10:00 受付開始) 10:30~16:00
会場 AP浜松町(東京都港区芝公園 2-4-1 芝パークビル)
プログラム
10:30~10:45
開会挨拶 当協会常務理事・研修委員長 梅津祐一 先生
10:45~12:15
「関連職種が果たすべき地域連携・地域リハビリテーション」
講  師:当協会名誉会長 浜村明徳 先生
12:15~12:25
アイスブレイク(名刺交換)
12:25~13:30
昼食休憩
12:25~13:30
シンポジウム
「地域リハビリテーション・地域包括ケアシステム確立の意義と関連職種の役割」
  • 地域リハビリテーション実践に学ぶ
    医療法人社団輝生会 船橋市リハビリセンター 江尻和貴氏
  • 介護保険改正と地域リハビリの重要性を通して
    一般社団法人 日本介護支援専門員協会副会長 水上直彦氏
  • 地域リハビリと対人援助スキルの必要性
    公益社団法人 日本医療社会福祉協会会長 佐原まち子氏
15:50~16:00
閉会
参加対象 当協会会員所属の社会福祉士、介護福祉士、医療ソーシャルワーカー、介護支援専 門員・退院調整連携の担当看護師 および 日本介護支援専門員協会会員
参加費 5,000円
定員 150名
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:吉野

このページのトップへ戻る

平成26年度研修会

第2回リハビリテーション研修会
介護報酬改定をどう乗り切るか!! -平成27年度介護報酬改定の概要とその対策-

日時 平成27年3月14日(土)10:30~16:30
会場 ベルサール半蔵門 地下鉄「半蔵門駅」3番出口直結(半蔵門線)
東京都千代田区麹町 1-6-4 住友不動産半蔵門駅前ビル
TEL:03-3265-9301
プログラム
10:30~10:40
会長挨拶
10:40~12:30
特別講演
「平成 27 年度介護報酬改定の概要について」

講  師:厚生労働省老健局老人保健課 課長 迫井 正深 氏
指定発言:当協会 会長 栗原正紀
12:30~13:30
昼食休憩
13:30~16:30
シンポジウム
「平成27年度介護報酬改定の課題とその対応
-リハビリテーションの立場から- 」

司会:当協会 常務理事 梅津 祐一
  • 通所リハビリテーションは
    講師:全国デイ・ケア協会 調査委員会 委員長 岡野 英樹 氏
  • 訪問リハビリテーションは
    講師:日本訪問リハビリテーション協会 副会長 鈴木 修 氏
  • 介護老人保健施設におけるリハビリテーションは
    講師:全国老人保健施設協会 副会長 平川 博之 氏
指定発言 当協会 副会長 斉藤 正身
16:30
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 400名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本・吉野

第1回リハビリテーション研修会
介護報酬改定に向けた対応と地域包括ケアシステム確立に向けた取り組み

日時 平成26年12月13日(土)10:30~16:30
会場 秋葉原コンベンションホール
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル
プログラム
10:30~10:40
会長挨拶
10:40~12:30
特別講演1
「地域包括ケアを目指した介護保険サービスのあり方」(仮題)

講  師:厚生労働省老健局老人保健課 課長補佐 村井 千賀 氏
指定発言:当協会 副会長 齊藤 正身 先生
12:30~13:30
昼食休憩
13:30~16:30
シンポジウム
「2025年まであと10年!
地域包括ケアシステムへのリハビリテーションの貢献」

司会:
在宅支援対策委員会 委員長
熊本託麻台リハビリテーション病院 院長 平田好文先生
在宅支援対策委員会 副委員長
いわてリハビリテーションセンター センター長 大井清文先生
  • 広島での地域包括ケア推進の現状と課題-市町村とどう付き合うか?-
    在宅支援対策委員会 委員
    公立みつぎ総合病院 リハビリテーション部 参与 村上重紀先生
  • 大分県での地域ケア会議の取り組み-リハ専門職の貢献-
    在宅支援対策委員会 委員
    大分岡病院 リハビリテーション部 部長 佐藤浩二先生
  • 介護支援専門員はいかにリハビリテーションを取り入れるか?
    在宅支援対策委員会 委員
    社会福祉法人清祥会特別養護老人ホームこすもす副施設長
    (日本介護支援専門員協会 副会長)水上直彦先生
16:30
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 200名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本・吉野

このページのトップへ戻る

平成25年度研修会

第2回リハビリテーション研修会研修会WEB配信のご案内(PDF)

日時 平成26年3月8日(土)10:30~16:20
会場 ベルサール秋葉原
プログラム
10:30~10:40
会長挨拶 会長 栗原 正紀
10:40~12:10
特別講演1
「リハビリテーション領域における診療報酬改定の概要」(仮題)

講師:厚生労働省保健局医療課課長補佐 医系技官 秋月玲子先生
12:10~13:30
昼食休憩
13:30~14:45
特別講演2
「地域包括ケア確立に向けた診療報酬改定の歴史と今後」(仮題)

講師:小倉リハビリテーション病院 名誉院長 浜村 明徳
14:55~16:10
特別講演3
「これから進められる高齢者リハビリテーション機能強化
~地域包括ケア実現に向けて~ 」(仮題)

講師:厚生労働省老健局老人保健課 医療・介護連携技術推進官 逢坂 悟郎
16:10~
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 500名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本・吉野

※当初ご案内の内容を一部修正させていただいております。ご了承ください。(11/22)

第1回リハビリテーション研修会
こう変わる地域の医療と介護:
リハビリテーションの重要な位置付け~診療報酬改定や介護保険の動向から~

日時 平成25年12月7日(土)10:30~16:30
会場 秋葉原コンベンションホール
(東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル2F)
プログラム
10:30~10:40
会長挨拶
10:40~11:40
特別講演1
「地域包括ケアとリハビリテーションの展開」

講師:厚生労働省 老人保健課 課長 迫井正深 先生
座長:当協会 副会長 斉藤正身 先生
11:40~12:10
質疑応答
12:10~13:30
昼食休憩
13:30~14:30
特別講演2
「今後の地域医療のありかたとリハ医療に期待すること:
今後の地域医療の方向性とリハビリテーション医療への期待
~次期診療報酬改定に向けて~」

講師:厚生労働省 大臣官房 企画官 佐々木健 先生
座長:梅津祐一 当協会 常務理事
14:40~16:20
シンポジウム
「リハビリテーション医療の現状とその対応」
  • 医廃用症候群調査から見えてきたこと
    当協会 医療・介護リハビリテーション対策委員会
    委員長 徳永能治(長崎県島原病院副院長) 先生
  • 回復期リハビリテーションの現状と課題
    ~診療報酬改定の要望から~
    回復期リハビリテーション病棟協会
    常任理事 西村一志 先生(やわたメディカルセンター副院長)
  • リハ医療関連団体協議会報酬改定部会の取りまとめ
    当協会 常務理事 山鹿眞紀夫 先生(熊本リハビリテーション病院副院長)
    座長 山鹿眞紀夫 先生
16:20~
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 300名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本・吉野

このページのトップへ戻る

平成24年度研修会

地域リハビリテーションと地域包括ケア

日時 平成25年3月23日(土)10:30~16:20
会場 コクヨホール
(東京都港区港南1-8-35 TEL:03-3450-3712)
プログラム
10:30~10:45
会長挨拶
10:45~12:15
基調講演
「地域リハと地域包括ケア:あるべき姿の提言」

講師:小倉リハビリテーション病院院長 浜村 明徳
12:15~13:30
昼食休憩
13:30~14:45
講演
「全国各地の2025年推計法および地域包括ケアへの取り組み」

講師:兵庫県立リハビリテーション西播磨病院リハ科部長 逢坂 悟郎
14:45~16:15
シンポジウム
「地域包括ケア実現へ向けた戦略策定の現状」
  • 医療・介護リハビリテーション対策委員会 委員長
    長崎県島原病院 副院長 徳永能治
  • 地域包括ケア対策委員会 委員長
    熊本託麻台病院 院長 平田好文
  • 在宅支援リハビリテーション対策委員会 委員長
    山梨リハビリテーション病院 副院長 佐藤吉沖
16:15~16:20
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 200名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本・吉野

診療報酬介護報酬同時改定後、リハ医療はどう変わったか

日時 平成24年12月8日(土)10:30~16:20
会場 フクラシア東京ステーション
(東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル5・6F)
プログラム
10:30~10:45
会長挨拶
10:45~12:15
特別講演
「診療報酬介護報酬同時改定のねらい」

講師:厚生労働省保険局医療課 課長 宇都宮 啓
12:15~13:30
昼食休憩
13:30~16:15
シンポジウム
「診療報酬介護報酬同時改定の影響」
  • 病院の立場から
    東京湾岸リハビリテーション病院 院長 近藤国嗣
  • 施設の立場から
    介護老人保健施設伸寿苑 施設長代理 井上 崇
  • ケアマネジャーの立場から
    日本介護支援専門員協会 会長 木村隆次
  • 在宅リハビリテーションの立場から
    霞ヶ関南病院 運営企画推進部長 岡持利亘
16:15~16:20
閉会の挨拶
参加費 会員10,000円 / 非会員15,000円
定員 200名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申し込み方法 別紙の申込書にてお申込み下さい。
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)

〒850-0854 長崎県長崎市銀屋町4-11
社団法人是真会 長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077 / FAX:095-811-2078
Email:info@rehakoh.jp
担当:磯本、小森

このページのトップへ戻る

平成23年度研修会

平成23年度第2回リハビリテーション研修会

日時 平成24年3月24日(土) 10時から
会場 コクヨホール
※アクセスはこちら
プログラム等 詳しくはこちらをクリックして下さい。
※PDFファイルが開きます
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら

平成23年度第1回リハビリテーション研修会

日時 平成23年12月3日(土) 10時から
会場 秋葉原コンベンションホール
※アクセスはこちら
プログラム等 詳しくはこちらをクリックして下さい。
※PDFファイルが開きます
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
このページのトップへ戻る

平成22年度研修会

平成22年度第3回リハビリテーション研修会

地域に生きるリハビリテーション・ケアの展開戦略は...

リハビリテーションに関係する病院・施設は医療・介護保険の下で、どういう戦略を持って地域を支え、生き残っていくのか!!

今回の研修会では、地域包括ケア提唱者の田中滋先生(慶應大学大学院教授)、地域医療研究専門家の松田晋哉先生(産業医科大学教授)をお迎えし、今後の地域における活動の展望についてお話をいただきます。
さらに、シンポジウムでは協会新役員の先生を中心に「これからのリハビリテーション・ケア」についての熱い想いを自由闊達に語っていただきます。

今後の病院・施設運営において重要な課題を取り上げた研修会となっております。ぜひ奮ってご参加ください!!

日時 平成23年3月5日(土) 10:00~
会場 浜離宮朝日ホール
住所:東京都中央区築地5-3-2
TEL:03-5541-8710
※アクセスはこちら
内容
10:00~ 挨拶(15分) 浜村会長
10:15~ 基調講演Ⅰ(90分) 座長:齊藤副会長
テーマ:地域包括ケアシステムの展望(案)
演 者:田中滋先生(慶應大学大学院教授)
11:45~ 昼休み
13:00~ 基調講演Ⅱ(60分) 座長:梅津幹事
テーマ:リハビリテーション医療の質と地域戦略を考える
演 者:松田晋哉先生(産業医科大学公衆衛生教室教授)
14:00~ 休憩
14:10~ シンポジウム:(2時間) 座長:栗原副会長
テーマ:想いを語る!これからのリハビリテーション・ケア
シンポジスト:
梅津博道(船橋市立リハビリテーション病院 院長)
角町正勝(日本歯科医師会 理事)
徳永能治(長崎県島原病院 副院長)
中村春基(日本作業療法士協会 会長)
梅津祐一(小倉リハビリテーション病院 副院長)
16:10~ 終了
総合司会【山鹿常務理事】
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円
定員 200名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)〒803‐0861 北九州市小倉北区篠崎1丁目5-1
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX093-581-0658 / E-mail:info@rehakyoh.jp

平成22年度第2回リハビリテーション研修会

地域包括ケアのあり方を熟考! ~地域を支えるリハビリテーションの展開とは?~

長年にわたり地域リハビリテーションの普及に努めてきた当協会ならではの研修会を企画しました!!
皆様の施設が地域におけるリハビリテーション・ケアをどのように展開すべきか、非常に参考となる研修会となっておりますので、是非ご参加ください!!

日時 平成22年12月4日(土) 10:00~16:00
会場 KDDIホール
住所:東京都千代田区大手町1-8-1 TEL:03-3243-9301
※アクセスはこちら
内容
10:00~10:15 挨拶
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会会長)
10:15~11:45 基調講演「地域包括ケアシステムの展望(仮)」
大竹輝臣 課長補佐(厚生労働省老健局老人保健課)
11:45~13:00 昼食休憩
13:00~13:40 講演「介護保険におけるリハビリテーション」
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会副会長)
13:40~15:40 シンポジウム「これからの地域リハ・ケアを考える」
座長
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会副会長)

シンポジスト
伊藤隆夫
(全国訪問リハビリテーション研究会会長)
逢坂悟郎
(兵庫県立西播磨総合リハセンター西播磨病院リハ科部長)
木村隆次
(日本介護支援専門員協会会長)
平田好文
(熊本託麻台病院院長)

質疑応答(※予定時間変更の場合は中止もあります)
16:10~ 終了
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円
定員 200名(定員になり次第、申込受付を終了します)
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
主催 一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
(事務局)〒803‐0861 北九州市小倉北区篠崎1丁目5-1
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX093-581-0658 / E-mail:info@rehakyoh.jp

平成22年度第1回リハビリテーション研修会

認知症短期集中リハビリテーション医師研修会開催のご案内

介護老人保健施設において実践されていました「認知症短期集中リハビリテーション加算」は、軽度者に加えて中等度・重度の者についても効果があるとの調査結果を踏まえ、対象が中等度・重度に拡大され、介護老人保健施設のほか、通所リハビリテーション、介護療養型医療施設における実施についても新たに評価されることになりました。

当該加算の算定要件は、「精神科医師又は神経内科医を除き、認知症に対するリハビリテーションに関する研修を修了していること。」となり、医師または医師の指示を受けた理学療法士等が記憶の訓練、日常生活活動の訓練等を組み合わせたプログラムを実施した場合に算定できることになりました。この要件を満たすために、日本リハビリテーション病院・施設協会、全国老人デイ・ケア連絡協議会では下記の通り研修会を開催致しますのでご案内申し上げます。本研修会を修了することにより算定可能となりますので、多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

日時 平成22年9月25日(土)9:50~17:00 *9:30開場
会場 東京ステーションコンファレンス 503(サピアタワー5階)
住所:東京都千代田区丸の内1-7-12  TEL:03-6888-8080
JR東京駅 新幹線日本橋口より徒歩1分、八重洲北口より徒歩2分
東京メトロ東西線大手町駅より徒歩1分
※アクセスはこちら
内容
9:30~ 受付開始
9:50~10:00 開講のご挨拶
10:00~11:00 (1)認知症の基礎知識(診断~治療・ケア)[60分]
タピック沖縄リハビリテーション病院 理事長
日本リハビリテーション病院・施設協会
認知症等検討委員会 委員長
日本精神神経学会 認定専門医・指導医
宮里好一
10:00~10:10 休憩【10分間】
11:10~12:10 (2)認知症リハの効果と実践方法について
(認知症短期集中リハビリテーションとは)[60分]

医療法人鴻池会 秋津鴻池病院 理事長
日本リハビリテーション病院・施設協会
認知症等検討委員会 委員
日本老年精神医学会 専門医
平井基陽
12:10~13:10 昼食 *研修会ではご用意しておりません。
13:10~14:10 (3)介護保険制度の中での認知症対策[60分]
厚生労働省(予定)
14:10~14:20 休憩【10分間】
14:20~15:20 (4)介護報酬と在宅リハ(通所リハと認知症を中心に)[60分]
全国老人デイ・ケア連絡協議会 会長
日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長
認知症サポート医(埼玉県)
厚生労働省 社会保障審議会介護保険部会 委員
斉藤正身
15:20~15:30 休憩【10分間】
15:30~16:30 (5)事例研究「認知症短期集中リハとプログラム」[60分]
2演題(予定)
16:30~16:50 修了証交付~閉講のご挨拶
参加費 各会員施設に勤務する医師.........10,000円
各会員施設以外に勤務する医師...15,000円
*当日、受付にてお支払いください。領収書を発行いたします。
定員 先着100名
修了証 全課程を履修された医師には修了証を当日お渡しいたします。
*本研修会修了証が認知症短期集中リハ実施加算の算定要件となります。
*遅刻・早退の場合は発行を致しかねますので予めご了承ください。
申込方法 FAX用紙「参加申込書」にてお申込みください。
※参加申込書はこちら
FAX送信先:049-237-0701(全国老人デイ・ケア連絡協議会)
申込締切 平成22年9月21日(火)必着
主催 日本リハビリテーション病院・施設協会
福岡県北九州市小倉北区篠崎1丁目5-1 小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658

全国老人デイ・ケア連絡協議会
埼玉県川越市安比奈新田283-1 霞ヶ関南病院内
TEL:049-237-0700 / FAX:049-237-0701
このページのトップへ戻る

平成21年度研修会

平成21年度リハビリテーション研修会

日時 平成22年3月6日(土) 10:00~16:00
会場 全電通労働会館(東京都千代田区神田駿河台3-6)
TEL:03-3219-2211
※アクセスはこちら
テーマ 診療報酬改定とこれからのリハ医療戦略
内容
10:00~10:30 挨拶
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
10:30~11:45 講演「民主党政権の医療政策と今後のリハビリテーション医療」
二木 立先生(日本福祉大学副学長)
11:45~12:45 昼食休憩
12:45~14:45 シンポジウム
「地域を支えるリハビリテーションの課題整理:同時改定戦略スタート」

座長
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
シンポジスト
  • これからの回復期リハビリテーションの展開
    川上純範(山梨リハビリテーション病院 院長)
  • これからの老健、在宅リハビリテーションの展開
    佐藤吉沖(甲州リハビリテーション病院 副院長) 
  • これからの特養、福祉施設におけるリハビリテーションの展開
    武原光志(特別養護老人ホーム光の苑 施設長) 
  • これからの地域連携
    逢坂悟郎(兵庫県立西播磨リハビリテーション西播磨病院リハビリテーション科部長)
  休憩
15:00~16:00 講演「平成22年度診療報酬改定の最新情報について」
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)

質疑応答(予定時間変更の場合は中止もあります)
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円
※参加費は研修会当日にお支払いください。
定員 350名
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
※申込みは定員になり次第、終了させていただきます。
その他 宿泊手配、当日のクローク、弁当注文等は行っておりません。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石・松永
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658

一般社団法人 日本リハビリテーション病院・施設協会設立20周年記念祝賀会・講演会

1.記念祝賀会
日時 平成21年12月11日(金) 18:00~
会場 東商スカイルーム(東京都千代田区丸の内3-2-2東商ビル8F)
アクセスはこちらのホームページをご確認ください
定員 200名~300名
2.記念講演会
日時 平成21年12月12日(土) 10:00~
会場 秋葉原コンベンションホール(東京都千代田区外神田1-18-13秋葉原ダイビル2F)
アクセスはこちらのホームページをご確認ください
定員 450名
内容
9:30~ 受付
10:00~10:05 「会長挨拶」       
浜村明徳
(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
10:05~11:05 記念講演Ⅰ
「私が考える地域リハビリテーション」
大田仁史先生
(茨城県立健康プラザ管理者日本リハビリテーション病院・施設協会 顧問)
11:05~12:05 記念講演Ⅱ
「協会のあゆみと安心社会への道」(私論)
澤村誠志先生
(兵庫県立総合リハビリテーションセンター顧問日本リハビリテーション病院・施設協会 名誉会長)
12:05~13:05 昼食休憩
13:05~14:20 特別講演Ⅰ
これからの地域包括ケア体制について」
天本 宏先生
(医療法人財団天翁会新天本病院 理事長・厚生労働省地域包括ケア研究会 委員)
14:30~15:45 特別講演Ⅱ
「平成22年度診療報酬改定の動向」
石川 誠
(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
全体進行 栗原 正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
齊藤 正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
会費 祝賀会 7,000円
講演会 7,000円(会員) / 10,000円(非会員)
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
※申込みは定員になり次第、終了させていただきます。
お問い合わせ 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石・松永
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
このページのトップへ戻る

平成20年度研修会

平成20年度第2回リハビリテーション研修会

日時 平成21年3月7日(土) 10:00~15:45
会場 浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2)
TEL:03-5541-8710
※アクセスはこちら
テーマ 平成21年度介護報酬改定のポイント
内容
9:30~ 受付
10:00~10:15 挨拶
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
10:15~11:45 講演「平成21年介護報酬改定の要点」
鈴木健彦(厚生労働省老健局 老人保健課 課長補佐)
11:45~12:45 昼食休憩
12:45~15:45 シンポジウム
「介護報酬改定への対応を考える~入所・短期入所・通所・訪問サービスの活用とその課題」

司会
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)

基調講演
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

シンポジスト
山田和彦(全国老人保健施設協会 理事)
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
井上 崇(介護老人保健施設 伸寿苑 施設長代理)
伊藤隆夫(全国訪問リハビリテーション研究会 会長)

<質疑応答>
総合司会
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

※内容は若干変更の可能性がありますが、ご了承ください。
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円
※参加費は研修会当日にお支払いください。
定員 300名
申込方法 FAX専用申込用紙をご記入の上、事務局までFAX願います。
※FAX専用申込用紙はこちら
※申込みは定員になり次第、終了させていただきます。
その他 宿泊手配、当日のクローク、弁当注文等は行っておりません。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石・松永
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658

平成20年度第1回リハビリテーション研修会

日時 平成20年10月11日(土) 10:00~15:30
会場 浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2)
TEL:03-5541-8710
※アクセスはこちら
テーマ 「介護報酬改定の動向」「回復期・維持期の繋ぎ」
内容
9:30~ 受付
10:00~10:05 挨拶
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
10:05~11:30 講演1 「介護報酬改定の動向」
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
11:30~12:00 講演2 「回復期・維持期の繋ぎ」
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~15:30 シンポジウム
「回復期・維持期の繋ぎの課題と今後を考える」

司会
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

シンポジスト
平田好文
(熊本託麻台病院 院長)
小泉幸毅
(小倉リハビリテーション病院 リハビリテーション部副部長)
山本伸一
(山梨リハビリテーション病院 リハビリテーション部副部長)
大西康史
(在宅総合ケアセンター元浅草 センター長)
伊藤隆夫
(全国訪問リハビリテーション研究会 会長)
岡持利亘
(霞ヶ関南病院 運営企画推進部長 理学療法士)

質疑応答

※内容は若干変更の可能性がありますが、ご了承下さい。
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 200名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
FAX専用申込用紙はコチラ
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
このページのトップへ戻る

平成19年度研修会

平成19年度第2回リハビリテーション研修会

日時 平成20年3月8日(土) 10:00~16:00
会場 JAホール(東京都千代田区大手町1-8-3 tel 03-3245-7453)
テーマ 『医療保険から介護保険へ』-診療報酬改定後のリハビリテーションのあり方-
内容
9:30~ 受付
10:00~10:15 挨拶
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
10:15~12:00 講演1 「平成20年度診療報酬改定について」
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 講演2 平成21年介護報酬改定に向けて
~平成20年度診療報酬改定をうけて~

斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

講演3 看護必要度について
井上 郁(初台リハビリテーション病院 教育管理部部長)

講演4 脳卒中の地域医療連携パスについて
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

質疑応答

※内容は若干変更の可能性がありますが、ご了承ください。
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 300名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石・石井
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658

平成19年度第1回リハビリテーション研修会

日時 平成19年12月22日(土) 10:00~16:00
会場 浜離宮朝日ホール (東京都中央区築地5-3-2 ) 
TEL:03-5541-8710
アクセス
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 地域における急性期・回復期・維持期連携の推進に向けて
内容
9:30~ 受付
10:00~10:30 「診療報酬改定の動向」       
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
10:30~11:00 「高齢者リハビリテーション医療の現状と今後の展望」
~高齢者リハビリテーショングランドデザイン完成版~

浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
11:00~12:00 「地域医療連携を考える」
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 シンポジウム
テーマ「地域における急性期・回復期・維持期連携の推進に向けて」


司会
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)


急性期~回復期の連携
渡辺 進(急性期・回復期リハビリテーション検討委員会)

回復期~維持期の連携
畑野栄治(維持期リハビリテーション検討委員会)

医科・歯科の連携
角町正勝(口啌リハビリテーション推進委員会)

かかりつけ医との連携
長谷川 幹(地域リハビリテーション推進委員会)

地域連携の質
及川忠人(地域連携・機能評価委員会)

質疑応答


全体進行
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)



※内容は若干変更の可能性がありますが、ご了承ください。
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 200名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(PDF)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX番号が変わっています。
FAX:093-581-0658
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:白石・石井
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
このページのトップへ戻る

平成18年度研修会

平成18年度第4回リハビリテーション研修会

日時 平成19年3月3日(土) 10:00~16:00
会場 浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社新館2階)
(※内容に若干の変更有)
アクセス
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 「リハビリテーション医療のグランドデザイン」~新たなパラダイムの構築にむけて~
内容
9:30~ 受付
10:00~10:15 開会挨拶
10:15~11:00 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート1
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
11:00~11:45 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート2
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
11:45~12:45 昼食休憩
12:45~13:30 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート3
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
13:30~14:15 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート4
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 ディスカッション
16:00~ 閉会挨拶
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 250名(当協会ホームページのFAX専用申込書にてお申込下さい)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(PDF)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX番号が変わっています。
FAX:093-581-0658
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局  担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内 TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
受付番号の付いたFAX専用申込用紙の返信が無い場合は、必ずご連絡下さい。

平成18年度第3回リハビリテーション研修会

日時 平成19年2月17日(土) 10:00~16:00
会場 大博多ホール (福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1)
TEL:092-474-6672
アクセス
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 「リハビリテーション医療のグランドデザイン」~新たなパラダイムの構築にむけて~
内容
9:30~ 受付
10:00~10:15 開会挨拶
10:15~11:00 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート1
石川 誠 (日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
11:00~11:45 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート2
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
11:45~12:45 昼食休憩
12:45~13:30 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート3
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
13:30~14:15 リハビリテーション医療のグランドデザイン パート4
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 ディスカッション
16:00~ 16:00~
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 250名(当協会ホームページのFAX専用申込書にてお申込下さい)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(PDF)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX番号が変わっています。
FAX:093-581-0658
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局  担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内 TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
受付番号の付いたFAX専用申込用紙の返信が無い場合は、必ずご連絡下さい。

平成18年度第2回リハビリテーション研修会

日時 平成18年12月8日(金) 10:00~16:00
会場 東京JAホール 東京都千代田区大手町1-8-3
TEL:03-3245-7453
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 報酬改定後の影響と新たな取組み
内容
9:30~ 受付
10:00~12:00 特別講演「報酬改定後の影響と新たな取組み」(仮)
座長
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
講師
小山秀夫(静岡県立大学大学院経営情報学研究科 教授)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 パネルディスカッション
テーマ「報酬改定後の影響と新たな取組み」


司会
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

パネラー
三橋尚志(医療法人社団行陵会 大原記念病院 院長)
長谷川 均(医療法人真正会 専務理事)
山田和彦(全国老人保健施設協会 副会長)
宮田昌司(全国訪問リハビリテーション研究会 会長)

※内容は若干変更の可能性がありますが、ご了承ください。
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 300名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(PDF)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX番号が変わっています。
FAX:093-581-0658
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局  担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内 TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
受付番号の付いたFAX専用申込用紙の返信が無い場合は、必ずご連絡下さい。

平成18年度第1回リハビリテーション研修会

日時 平成18年5月27日(土) 9:30~15:30
会場 笹川記念会館国際ホール 東京都港区三田3-12-12
会場までの地図はこちら
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 日本におけるリハビリテーションを考える
内容
9:30~ 受付
10:00~12:00 特別講演「オーストラリアに学ぶ・・・これからのリハビリテーション」(仮)
座長
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会常務理事)
講師
Dr.John Obeid(Lady Davidson Private Hospital リハ部長)
Dr.Katrina Ison(GP 開業医)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 シンポジウム
テーマ「どうする、これからの日本のリハビリテーション」


司会
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会会長)

シンポジスト
才藤栄一(日本リハビリテーション医学会)
石川 誠(日本リハビリテーション病院・施設協会)
日下隆一(日本理学療法士協会)
山本伸一(日本作業療法士協会)
森田秋子(日本言語聴覚士協会)
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払のみ)
定員 500名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(PDF)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX番号が変わっています。
FAX:093-581-0658
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局  担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内 TEL:093-581-0657 / FAX:093-581-0658
受付番号の付いたFAX専用申込用紙の返信が無い場合は、必ずご連絡下さい。
このページのトップへ戻る

平成17年度研修会

平成17年度全国老人デイ・ケア連絡協議会、日本リハビリテーション病院・施設協会 合同研修会

日時 平成18年3月11日(土) 13:00~16:30
会場 TFTビル 東館9館(東京都江東区)
内容 ■基調講演
『介護報酬改定と通所リハビリテーションに期待すること』
講師
厚生労働省老健局老人保健課 主査 長谷川 学 氏

■研修会
『介護予防に関する研修会』
通所サービスとしての「運動器機能向上」「栄養改善」「口腔機能向上」等への取り組み例をご紹介します
講師
斉藤正身(全国老人デイ・ケア連絡協議会 会長)
岡持利亘(理学療法士)、渡部厚子(管理栄養士) 以上霞ヶ関南病院
申込方法 お申し込みは締め切りました。
参加費 会員・非会員ともに5,000円(当日受付にて徴収)
申込締切 平成18年3月6日(月) お申し込みは締め切りました。
お問い合わせ先 全国老人デイ・ケア連絡協議会事務局 担当:武居・鈴木
埼玉県川越市安比奈新田283-1 霞ヶ関南病院内
TEL:049-237-0700 / FAX:049-237-0701

平成17年度第3回リハビリテーション研修会

日時 平成18年3月4日(土) 10:00~15:30
会場 浜離宮朝日ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社新館2階)
会場の地図はこちらをご覧ください。
主催 有限責任中間法人 日本リハビリテーション病院・施設協会
テーマ 診療報酬及び介護報酬の同時改定とリハビリテーション
内容
9:30~ 受付
10:00~12:00 講演Ⅰ「診療報酬の改定について」
講師:石川誠(日本リハリビリテーション病院・施設協会 副会長)

講演Ⅱ「介護報酬の改定について」
講師:桑島昭文(厚生労働省老健局老人保健課課長補佐)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~15:30 講演Ⅲ「診療報酬改定とリハビリテーション」
講師:斉藤正身(日本リハリビリテーション病院・施設協会 常務理事)

フリーディスカッション・質疑
「診療報酬・介護報酬改定への対策」

発言者:浜村明徳/石川誠/栗原正紀/斉藤正身
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払)
定員 350名(当協会ホームページのFAX専用申込書にてお申込下さい)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(WORD)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。
FAX:093-581-3319
定員になりましたので、お申し込みは締め切りました。
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!
定員になりましたので、お申し込みは締め切りました。
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0668 / FAX:093-581-3319
報告
2006年3月4日、東京・浜離宮朝日ホールにおいて、当協会の平成17年度第3回リハビリテーション研修会が定員350名をはるかに超える参加者のもと、盛況に開催された。今回の研修会は、リハ関係者にとって今最も関心の高い「診療報酬及び介護報酬の同時改定と今後のリハビリテーション」についての講演であり、会場からは講演者の話を一言も漏らさず聴こうとする真剣さと熱気が感じられた。

最初に石川誠副会長の「診療報酬改定とリハビリテーション」について講演があった。なぜ史上始まって以来の下げ幅となってしまった診療報酬改定なのか、それから診療報酬改定の全貌、そしてリハビリテーション本体はどうなっているのか、また今回の改定の前後で比較するとどうなのか、など予定の1時間半を超える講演となった。

診療報酬は全体で3.16%の過去最大の下げ幅となり、介護報酬も昨年10月改定を含めると2.4%の引き下げとなったことを、診療報酬改定の4つの基本方針に沿って詳しく解説された。(1)患者から見てわかりやすく、患者のQOLを高める医療の実現、(2)質の高い医療を効率的に提供するために、医療機能の分化・連携を推進する、(3)今後重点的に対応していくべきと思われる領域の評価、(4)医療費の配分の中で効率的余地があると思われる領域の評価、の4項目である。

さらに、リハビリテーションの主な改定内容として、
(1)現行の体系を改め、4つの疾患別評価体系とする
(2)疾患ごとに算定日数の上限を設定する一方で、逓減制を廃止する
(3)集団療法の廃止、機能訓練室の面積要件の緩和、発症後早期の患者の算定単位数上限の緩和
(4)回復期リハ病棟の算定対象状態の拡大を行い、状態ごとに算定日数上限を短縮する

などを解説された。特に(1)の疾患別体系、(2)の疾患ごとの算定日数制限については当協会をはじめ、リハ関連5団体の強力な反対にもかかわらず、このような改定になってしまったことが、演者の石川先生のことばから参加者には十分ご理解できたと思われる。厳しい改定の中でのご尽力には感謝申し上げたい。なお、講演内容については本号に特集として詳細に掲載されている。

次に桑島昭文厚生労働省老健局老人保健課課長補佐の「介護報酬改定等のポイント」についての講演があった。療養病床の現状から再編成へのイメージが語られ、38万床から15万床へ削減する見通しが示された。介護報酬等の改定については、各サービスの報酬・基準の見直しとして、5つの基本的な視点、

(1)介護予防、リハビリテーションの推進
(2)中重度者への支援強化
(3)地域包括ケア、認知症ケアの確立
(4)サービスの質の向上
(5)医療と介護の機能分担・連携の明確化

に沿って、介護予防サービスをはじめ、訪問看護、通所介護、介護療養型医療施設の見直しなどのポイントを解説された。

最後に斉藤正身常務理事の「介護報酬改定と今後のリハビリテーション」についての講演があった。通所介護・通所リハを中心に今回の改定内容とこれからの取り組みを高齢者リハビリテーションのあるべき方向とからめ、解説された。また、今後の対策として、キーワードは「連携と協働」が大切であると結んでいた。

最後の「フリーディスカッション・質疑」では多数の質問が参加者から寄せられ、時間内にすべての質問に回答をすることができないくらい、大盛況の研修会であった。

平成17年度第2回リハビリテーション研修会

今年度の介護保険制度の初めての改定に続き、来年度には診療報酬及び介護報酬の初の同時改定も予定され、リハビリテーションの現場では極めて大きな影響が予測されます。そこで、当協会では5月の研修会に引続いて、今回の介護保険改正の目玉である介護予防事業の具体的なサービスと地域リハビリテーションとの関わりをテーマに、第2回リハビリテーション研修会として下記のように講演会とシンポジウムを開催し、これからの高齢者の地域リハビリテーションの発展に寄与したいと考えます。会員の皆様には、ご多忙の折とは存じますが、多数ご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。また、非会員の方々にも、参加を呼びかけていただければ幸いです。

日時 平成17年12月10日(土) 10:00~15:30
会場 東京JAホール 東京都千代田区大手町1-8-3
TEL:03-3245-7453
テーマ 介護予防と地域リハビリテーション
内容
9:30~ 受付
10:00~11:00 講演Ⅰ「介護予防について」
講師:桑島昭文(厚生労働省老健局老人保健課長補佐)
座長:斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
10:00~12:00 講演Ⅱ「地域リハビリテーションについて」
講師:米満弘之(日本リハビリテーション病院・施設協会 副会長)
座長:鈴木恒彦(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 シンポジウム「介護予防と地域リハビリテーション」
司会
浜村明徳(日本リハビリテーション病院・施設協会 会長)
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)

シンポジスト
吉永智子(高知市保健所保健師)
村井千賀(石川県リハビリテーションセンター作業療法士)
柳 尚夫 (大阪府茨木保健所長)
松坂誠應(長崎大学医学部保健学科教授)

総合司会
斉藤正身(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払)
定員 300名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(WORD)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。 FAX:093-581-3319
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
担当:平光・石井
小倉リハビリテーション病院内
TEL:093-581-0668 / FAX:093-581-3319
報告
2005年12月10日、東京・JAホールにおいて、「介護予防と地域リハビリテーション」をテーマに当協会主催の第2回リハビリテーション研修会が開催された。

まず、厚労省老健局老人保健課課長補佐の桑島昭文氏による「介護予防について」の講演では、軽度者の大幅増加とサービスが状態の改善につながっていない等の課題に対して、新予防給付の創設、地域支援事業の創設を行い、予防重視型システムの転換を図るという経緯について話された。具体的には、地域包括支援センターによる客観的・中立的・包括的マネジメントの実施により多様な地域資源を活用し、包括的・継続的な地域生活を支援することや利用者の自立に向けた目標志向型プランの策定が重要であるとし,事業提供者も,目標を持って生活に着目した多職種によるリハを行い,効果を対象者と共有するとともに地域包括支援センターに報告をするという流れも紹介された。マネジメントをしっかり行って品質管理をすることの重要性を強調された。

次に、当協会副会長の米満弘之氏による「地域リハについて」の講演で、,わが国のゴールドプランの流れや急性期・回復期・維持期・終末期におけるリハ医療の現状と課題を明確にしたうえで、地域リハの定義と活動指針をもとに人々の生活機能を高め自立支援のためにチーム医療や地域連携・ネットワークの重要性を述べられた。

最後に、「介護予防とリハ」について、4人のシンポジストによる活動報告がされた。高知市保健所保健師の吉永智子氏は、介護予防メニューとして“いきいき百歳体操”を取り入れ、成果を出している様子をビデオで紹介された。

石川県リハセンターOTの村井千賀氏は、県内の在宅退院者の追跡調査で自立者の4割が1年間に悪化している現状から、退院後早期にアセスメントをして“できる能力”の見極めをしたうえでの関わりが必要であると述べられた。

大阪市茨木保健所所長の柳尚夫氏は、介護予防事業の地域展開で前期高齢者を中心としたボランティアが体力向上等の技術援助を行うなど、地域リハの視点から市町村全体での取り組みを提言され、市町村と事業所との役割分担と連携の重要性を強調された。長崎大学保健学科教授の松坂誠應氏は、運動器の機能向上プログラムのうち、要支援・軽度要介護者および非該当の虚弱高齢者に対するプログラムと効果、効果判定に役立つ必要最小限の評価項目について、多くのデータでその根拠を示した。また、栄養改善については低栄養のみならず肥満、過栄養に対する対策の重要性も述べられた。さらに、今回初めて協会から「介護予防の定義と活動指針」について内容紹介があり、盛りだくさんの研修であった。
(NTT東日本伊豆病院看護部 諸伏悦子)

平成17年度第1回リハビリテーション研修会

日時 平成17年5月15日(日) 10:00~15:30
会場 銀座ガスホール
東京都中央区銀座7-9-15
TEL:03-3573-1871
テーマ これからの高齢者リハビリテーションの実現へ向けて
内容
9:30~ 受付
10:00~11:00 基調講演
テーマ:「介護保険制度と報酬改定について」
講師:厚生労働省老健局 老人保健課 三浦公嗣課長
10:00~12:00 特別講演
テーマ:「医療制度と診療報酬改定について」
講師:厚生労働省保険局 医療課 麦谷眞里課長
12:00~13:00 昼休み
13:00~15:30 シンポジウム
テーマ:「これからの高齢者リハビリテーションの実現へ向けて」
司会
浜村明徳、米満弘之(日本リハビリテーション病院・施設協会)

シンポジスト
栗原正紀(日本リハビリテーション病院・施設協会 常務理事)
石川 誠(全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 常任理事)
伊藤隆夫 (全国訪問リハビリテーション研究会 会長)
井上 崇 (全国老人デイ・ケア連絡協議会 理事)
山田和彦 (全国老人保健施設協会 常務理事)
参加費 会員7,000円 / 非会員10,000円(当日支払)
定員 300名(FAX専用申込用紙で事務局までお願い致します。)
申込方法 下記の「お申込み用ファイル(WORD)」をダウンロードし、印刷して、必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。 FAX:093-581-3319
申込締切 会場の都合により、定員になり次第、終了させて頂きます。お申込は、お早めに!
その他 宿泊手配、当日のクローク・弁当注文等は行っておりません。
お手数ですが、各自にてお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局
北九州市小倉北区篠崎1-5-1 小倉リハビリテーション病院
TEL:093-581-0668 / FAX:093-581-3319
このページのトップへ戻る

平成16年度研修会

平成16年度日本リハビリテーション病院・施設協会職員研修会

日時 平成17年1月29日(土) 10:00~15:00
会場 大阪府堺市 サンスクエア堺 B棟ホール
テーマ 地域リハビリテーションの方向性とサービスの実践
内容 I地域リハビリテーションの概念
浜村 明徳(小倉リハビリテーション病院院長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会会長)

II高齢者リハビリテーションの方向性と施設サービス拠点の運営
米満 弘之(熊本機能病院理事長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会副会長)
(全老健学術委員会リハビリテーション部会長)

昼休み

IIIパネル討論:急性期リハビリテーションから始まる介護予防の実践
1.急性期から回復期へ
パネリスト:栗原正紀(近森リハビリテーション病院院長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会常務理事)
2.回復期から維持期へ
パネリスト:石川誠(初台リハビリテーション病院理事長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会副会長)
3.維持期のQOLのために
パネリスト:斉藤正身(霞ヶ関南病院理事長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会常務理事)

(司会)鈴木恒彦(大阪府立身体障害者福祉センター所長)
(日本リハビリテーション病院・施設協会常務理事)
参加費 5,000円
定員 400名
申込方法 下記までFAXかメールにてお申込みください。
その他 昼食及び宿泊等の手配はお手数ですが各自でお願い致します。
お問い合わせ先 〒590-0808 大阪府堺市旭ヶ丘中町4丁目3-1
大阪府立身体障害者福祉センター総務課(尼子 正)
TEL:072-244-8000(代表) / FAX:072-241-8721
E-mail:AmakoO@mbox.pref.osaka.jp

平成16年度日本リハビリテーション病院・施設協会職員研修会

日時 平成16年5月30日(日) 10:00~15:00
会場 灘尾ホール(東京都千代田区 霞が関33-2新霞が関ビル1階)
テーマ 地域リハビリテーションの方向性とサービスの実践
内容 「地域リハビリテーションの概念」
小倉リハビリテーション病院院長 浜村明徳

(仮)「リハビリテーションのあるべき方向性と地域リハビリテーション推進」
厚生労働省老人保健課課長 麦谷眞理先生

「通所・訪問リハビリテーションにおける障害評価」
桜新町リハビリテーションクリニック院長 長谷川 幹

「リハビリテーションサービスの適切な量」
初台リハビリテーション病院院長 石川 誠
参加費 5,000円
定員 400名
申込方法 下記までFAXかメールにてお申込みください。
その他 昼食及び宿泊等の手配はお手数ですが各自でお願い致します。
お問い合わせ先 日本リハビリテーション病院・施設協会事務局(小倉リハビリテーション病院内)
TEL:093-581-0668 / FAX:093-581-3319
このページのトップへ戻る

平成15年度研修会

平成15年度日本リハビリテーション病院・施設協会職員研修会

東京会場
日時 平成15年11月8日(土) 10:00~15:00
会場 東京都千代田区 全共連ビル4F(大会議室)
テーマ 回復期リハ病棟における情報の共有化
~違う職種が共通の認識にするためにはどうすれば良いか~
内容 教育講演者と指定発言者との間でのセミナー形式
司会 天草万里先生(のぞみ病院 院長)
教育講演 Ⅰ.「回復期リハビリ病棟における生活密着型リハビリの展開」
鎌田一先生(北斗病院 院長)

Ⅱ.電子カルテの実践と実演
大熊るり先生(初台リハビリテーション病院 リハ専門医師)
指定発言者 平井奈津子先生(初台リハビリテーション病院 看護師長)
渡辺京子先生(亀田総合病院 リハビリテーション室室長)
石山寿子先生(永世病院 言語聴覚士)
手束美和子先生(NTT東日本伊豆病院 MSW)
大阪会場
日時 平成15年11月22日(土) 10:30~15:30
会場 大阪市城東区 久レオ大阪東
テーマ 回復期リハ病棟における情報の共有化
~違う職種が共通の認識にするためにはどうすれば良いか~
内容 教育講演者と指定発言者との間でのセミナー形式
司会 森本茂先生(奈良リハセンター リハ課長)
教育講演 Ⅰ.「ISO9001と回復期リハ病棟」
原 信也先生(福岡リハビリテーション病院 理事長)

Ⅱ.電子カルテの実践と実演
木下牧子先生(初台リハビリテーション病院 医局長)
指定発言者 平井奈津子先生(初台リハビリテーション病院 看護師長)
渕 雅子先生(誠愛リハビリテーション病院 作業療法士)
石山寿子先生(永世病院 言語聴覚士)
手束美和子先生(NTT東日本伊豆病院 MSW)

◎教育講演は講演50分で質疑を含めて1時間、指定発言は各20分を予定
◎大阪リハビリテーション医学研究会後援

1)お申し込み方法 大阪両会場とも往復はがきにて 東京・大阪の別と参加者名、職種、所属を明記
返信用にあて名、住所を明記の上、下記へ申し込みしてください。
申し込み先:〒590-0808 堺市旭ヶ丘中町4-3-1
大阪府立身体障害者福祉センター 総務課 尼子 正宛
TEL:072-244-8000(代表) / FAX:072-241-8721
E-mail:hab40954@syd.odn.ne.jp
2)参加費 東京会場 4,000円(昼食代1000円を含む)
大阪会場 3,000円(昼食代を含んでいません)
(注)参加費は事前に指定口座への振込みにて受付とし、 原則として当日の徴収はいたしません
3)振り込み先 大阪会場
銀行名:りそな銀行 大手支店
口座番号:普通 3394681
名義:鈴木恒彦(スズキツネヒコ)

東京会場
銀行名:武蔵野銀行 伊奈支店
口座番号:普通047189
名義:黒田輝郎(クロダテルオ)
4)参加資格 日本リハビリテーション病院・施設協会会員施設の職員
5)締め切り日時 定員になり次第締め切り

両会場とも申し込み先は同じ(大阪府立身体障害者福祉センター)ですが、会場の都合上、東京と大阪の参加者の調整を行うことがあります。従って、場合によっては参加会場を変更させていただくことがありますので、ご了承願います。

このページのトップへ戻る

平成14年度研修会

平成14年度日本リハビリテーション病院・施設協会職員研修会

大阪会場
日時 平成14年11月2日(土) 10:00~15:00
会場 大阪市 国際会議場
テーマ 脳血管障害後のリハビリテーション
~回復期リハ病棟における各職種の配置と役割~
内容 教育講演者と指定発言者との間でのセミナー形式
司会 森本 茂先生(奈良リハセンター リハ課長)
教育講演 Ⅰ.疾病構造から見た必要なリハビリテーション
柳原武彦先生(阪大名誉教授、元米国メイヨークリニック教授、現大阪神経研究所)

Ⅱ.退院後のADLから求められる入院リハビリテーション
佐直信彦先生(東北文化学園大学医療福祉学部教授)
指定発言者 加来克幸(熊本機能病院、地域ケア支援センター室長)
関口匠子(東八幡平病院総婦長)
伊藤克浩(山梨温泉病院、理学療法課課長)
東京会場
日時 平成14年11月16日(土) 10:00~15:00
会場 東京都千代田区、都市センターホテル5F(オリオン)
テーマ 脳血管障害後のリハビリテーション
~回復期リハ病棟における各職種の配置と役割~
内容 教育講演者と指定発言者との間でのセミナー形式
司会 天草万里先生(埼玉県 のぞみ病院院長)
教育講演 Ⅰ.疾病構造から見た必要なリハビリテーション
柳原武彦先生(阪大名誉教授、元米国メイヨークリニック教授、現大阪神経研究所)

Ⅱ.回復期リハビリテーションにおける実践
宮井一郎先生(ボバース記念病院室長)

Ⅲ.脳血管障害者へのケアの連続性
中村隆一先生(東北文化学園大学医療福祉学部教授)
指定発言者 加来克幸(熊本機能病院、地域ケア支援センター室長)
関口匠子(東八幡平病院総婦長)
鈴木三央(ボバース記念病院、作業療法科長)
1)申し込み方法 官製はがきにて参加者名・職種・所属を明記の上、下記へお申し込みください。
2)申し込み先 〒536-0023 大阪市城東区東中浜1-6-5
特定医療法人大道会 ボバース記念病院 医局秘書 長松なおみ 宛
TEL:06-6962-3131(代表) / 06-6962-8429(直通)
E-mail:bobath-dr@omichikai.or.jp
3)参加資格 有限責任中間法人  日本リハビリテーション病院・施設協会会員施設の職員
4)締め切り 定員になり次第締め切り
このページのトップへ戻る
  • JRAT
  • 会員専用ページ
  • 入会について
  • 生活行為向上リハビリテーション研修会開催
  • リハビリテーションサミット2016
  • 変更届用紙(PDF)
  • リンク集
  • 研究事業等
  • リハビリテーションマネジメントに関する新書式
  • リハビリテーション・サミット2015 宣言文
  • 日本リハビリテーション病院・施設協会シンボルマークについて

関連団体リンク

一般社団法人
日本リハビリテーション病院・施設協会
〒850-0854
長崎県長崎市銀屋町4番11号
一般社団法人是真会
長崎リハビリテーション病院内
TEL:095-811-2077
FAX:095-811-2078
E-mail:info@rehakyoh.jp