その他

【厚労省より事務連絡】「地域リハビテーション推進のための指針」の改定 について

2021年5月19日

厚生労働省より、「地域リハビリテーション推進のための指針」改定について連絡がありました。
以下に通知文およびPDFを掲載いたしますので、ご参照のほどよろしくお願いいたします。

地域リハビリテーションについては、活力ある超高齢社会の実現や寝たきり予防対策にとって重要であることから、平成 18 年度に、「地域リハビリテーション推進のための指針」をお示し、各自治体において、同指針に基づき地域リハビリテーション支援体制の構築が進められてきたところである。

「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会の取りまとめ(令和元年度 12 月 13 日)」において地域リハビリテーション活動支援事業について、

  • 都道府県は、都道府県医師会等と連携し、現行の仕組みであるリハビリテーション協議会や支援センター等の設置や充実を図ることにより、地域の実情に応じた地域リハビリテーション支援体制を体系的に構築すること
  • 市町村は、こうした支援体制を踏まえ、郡市区等医師会や必要に応じて都道府県医師会と連携の上、医療機関や介護事業所等の協力を得て、医療専門職を安定的に派遣できる体制を構築するとともに、関係機関の理解促進を図ることが必要であること
等が盛り込まれた。

今般、これらを踏まえて「地域リハビリテーション推進のための指針」の見直しを行ったため、都道府県における実施、また貴管内市町村および関係団体に対して周知方お願いする。

詳細につきましては、下記PDFをご参照ください。

【PDF】「地域リハビリテーション推進のための指針」の改定について